秩父温泉 満願の湯 レポート~!

みなさん こんにちは kimcruise です!

 

 

●2637010●

「 満願の湯 秩父へ行ってきました~!  」

 

 

先日 埼玉県秩父にある日帰り温泉「満願の湯」

自然のなか~って感じですよね

関越道「花園」インターから秩父方面へおよそ25km

奥長瀞の自然の中にある静かなところです

 

 

普段はスーパー銭湯で満足していますが、、、笑

はるばる ちちぶ(CCB) までやってきました

ちょっとだけレポートしますね

 

 

店頭はこんなんです 素敵ですよね

 

 

秩父の雄大な自然を感じさせる園庭が出迎えてくれます

 

 

玄関を入るといきなりこの写真が、、、笑

デヴィ夫人の写真と地元の農産物にお出迎えされました

 

 

 

「満願の湯」の起源は

時は天長元年(824)東国は大干ばつに見舞われ

五穀は勿論、人畜、草木に至るまで助かるべき法は手を尽くし

人は天に向いて祈らばその丈6尺余りの法師現れ

杖を持ち岩を突くとたちまち、水湧出、その様は滝の如くと云われた

「必ず願いが満つる」すなわち満願である

秩父温泉「満願の湯」は、ここから名づけられたものです

 

 

奥長瀞の日野沢川の美しい渓流沿いにある

日本百観音の結願寺、秩父札所34番水潜寺に地下数百メートルから湧出した

高いアルカリ性とまろやかさを秘め、ロマン溢れる温泉です

露天風呂に浸かっていると

その美しい景色(露天風呂眼下には満願の滝が、、、)と湯の良さに癒されます

 

 

 

 

 

温泉に入った後に食堂へ移動 秩父名物?といえば わらじカツ

 

 

わらじカツとは、、、

1杯のかつ丼に2枚のとんかつが入っていることに由来します

わらじのようなとんかつが2枚入っていることから、この名前がついたそうです

わらじかつ丼に乗っているとんかつの数え方は「1足、2足」と数えると言います

蓋を開けたら、まず一枚のとんかつを蓋にのせて食べるのが流儀

口にするとタレと豚肉のうまみが口いっぱいに広がります

 

 

町内にはわらじかつ丼を提供する店が十数件あり

店ごとにタレの味が個性的みたいで食べ比べも、、、

とありましたが そんなに食えんわ~・・・笑

しかも1枚だけでした、、、え~

食事をするなら外の有名処がいいと思います、、、

 

 

周辺には、、、

 

 

一級河川の 荒 川 さ ん が流れていて、、、綺麗なのでちょっと入ってみましたよ

天気も良くて水は冷たくて気持ちよかったです 釣りもできるそうです

 

 

15km先には 道の駅 ちちぶ がありました

中には 笑点でおなじみの落語家「 林家 たい平 さんの

レトルトカレーも販売していました、、、笑

 

 

「満願の湯」の詳細と その他 秩父の観光スポット はこちら↓です

http://www.chichibuonsen.co.jp/

仕事運UP 三峯神社 = http://www.mitsuminejinja.or.jp/

SNSネタにおススメ 和銅遺跡 = https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_history/155/

思いっきり家族で遊ぼう 秩父ミューズパーク = http://www.muse-park.com/

秩父NO1アクティビティー ラフティング

= https://sotoasobi.net/activity/rafting/3/11/21/blog/chichibu-nagatoro-bbq

ゆっくりのんびり 川下り = http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

 

 

まとめ

「満願の湯」

館内はそんなには広くもなく狭くもなく、、、普通ですかね

 

 

良いところは

入湯料は比較的安価かな?

お湯も綺麗で非常に清潔に保たれていると思います

入っている時から肌がスベスベしてアルカリ泉の効能が実感できます

女性にはとても喜ばれる・嬉しい温泉

 

 

改善必要なところは

食事単価も高く食事がいまいち

もう少し子供などが飽きない工夫が欲しい

といったところでしょうか?

 

 

温泉は大満足でしたよ!!!

機会があればまた行こうと思います

 

 

是非みなさんも秩父(CCB)へ行った際は

「満願の湯」へ寄ってみて下さい

周辺には他の温泉施設や観光スポットもたくさんありますので

家族で行ってみてはいかがでしょうか?

以上 秩父(CCB)レポートでした!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました m(_ _)m

またお会いしましょう! kimcruise でした

 

 

温泉♨予約はコチラがおススメですよ

 


スーパー銭湯ランキング 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください